脱毛りぼん

全身脱毛をしない理由/代表的な5つの言い訳

      2016/04/26

全身脱毛をして当たり前の時代に、全身脱毛をしない女性がいます。

月々1万円というスマホやスポーツジムのような値段で通えるのに、なぜ通わないのでしょうか。

そんなにムダ毛がチクチクする肌を気に入っているのでしょうか?

彼女たちの主張・言い分を分類してみました。

もくじ

お金があるならとっくに全身脱毛している

一番多い意見が「お金がない」というもの。

でも不思議なんです、みんなiPhoneを持ってるんですね。本当にお金がないなら、スマホなんて持てないはずなのに。

全身脱毛というものにお金を使いたくないだけなのかもしれませんが、本当にそれでいいのでしょうか?

この10年ほどで脱毛の金額が大きく値下がりしたこともあり、ほぼすべての女性がムダ毛のないツルツルの肌を手に入れる権利を得たと言えます。

若い世代になればなるほど、脱毛率は高くなります。なので、今はいいかもしれませんが、10年後や20年後、ムダ毛を処理しているのは年寄りだけ…。ムダ毛処理=おばちゃんの証になっているかもしれませんよ?

年をとってから脱毛をしようとすると、白髪が混ざることで脱毛効果が出にくくなる部位もあるそうです。

本当にお金がないのですか?本当はあるのではないですか?

効果がないのであれば、こんなに流行らないのです。

同じお金をかけるなら、1日でも早くかけたほうが割安なのです。

お金を払いたくないために、大切なことを見失っていませんか?

老後に自分だけムダ毛を気にしている姿を想像してみてください、答えはすぐに出るはずです。

時間があればとっくに全身脱毛している

学校やバイトが忙しい、仕事が忙しい、子育てに忙しい。

そうですね、忙しいと時間がありませんね。

心を亡くすと書いて、忙しい。大切なことを忘れていませんか?

混雑しすぎていて予約のとりにくいお店もありますが、そうでもないお店もあります。

月1回90分程度、自分のために時間を使うこともできませんか?月に1回90分、早起きはできませんか?

時間は自分で作るものです。全身脱毛をしてムダ毛処理をしなくてよくなると、時間が生まれます。

ちょっと時間の先払いをして、きれいに保てる時間を増やしてみるのもいいかもしれません。

脱毛のために使った時間は、後からツルツル肌の満足感を連れて返ってきますから。

近くにお店があるならとっくに全身脱毛してる

お店を最後に調べたのは、いつですか?

脱毛サロンはすごい勢いで店舗数を増やしています。通いやすいところにお店が増えているかもしれません。

それでも通えるところにお店がないなら、家庭用脱毛器を使うという手もあります。

自分ないし助けてくれる人に使ってもらうので、手間も時間もかかりますが、脱毛効果はそれなりにあるようです。

通える範囲に脱毛サロンがあるなら、お店で脱毛してもらったほうがいいですが、どうしても無理だという人には家庭用脱毛器のケノンがおすすめです。

薄くなったけど無くならないから、もういいの

4回や6回で脱毛を止めちゃいましたか。

今は全身脱毛の値段もすっかり安くなり、月1万円程度の支払いで全身脱毛をしていくことができます。

脱毛ラボは都度払いのコースを用意しているとかしていないとか?

都度払いでなくても、月謝払いの全身脱毛サロン(キレイモ)も登場しています。

あと1年ほど通うと、ムダ毛がほとんど目立たない肌になりますよ。

やめたいときに辞めれますので、軽い気持ちで脱毛再開してみませんか。

エステ効果もあるので、肌もよりいっそうツルツルになりますよ。

毛が薄いからしなくていいの

毛が全く目立たないなら良いかもしれませんが、ムダ毛の濃さは相対的なもの。

毛が濃かった人たちが脱毛をしてツルツル肌になると、あなたが一番のムダ毛濃い人になるのです。

スタートが遅れると、効果を得られるのも遅くなります。

全身脱毛は早めに終わらせてしまうと費用対効果が高くなるものなので、開始が遅れると相対的に割高になるのです。

やってみたけどもともと毛が薄いから効果が無かったという人も、今はハイパースキン脱毛という産毛にも効果的な脱毛方式があるので、そっちを試してみてはどうですか?

顔の産毛剃りでとれる毛の量が半減した、という声もよく聞きます。

背中や二の腕、太ももなど、毛がそもそも薄くて効果を感じにくかった部位は、ディオーネのハイパースキン脱毛が特におすすめです。

全身脱毛をしない理由のまとめ

共通して言えるのは、何かが「無い」と言っていること。

無いと思っているのは思い込みではありませんか?本当にないのですか?

1ヶ月のうちに90分程度の時間を作ることができれば、全身脱毛することができます。

無いものは本当にないのか、あると思えば、そこにあるのではないか?

脱毛サロン業界は技術や業界の進歩がめざましく、1年のうちにたくさんの常識が覆っています。

これまでできなかったことができるようになっていたりもするので、諦める前に最新情報をチェックしてみてくださいね。

 - 脱毛コラム